社員の声

社員の声タイトル

  K.Aさん 平成12年4月入社

私は長年、某プラントメーカーにて設計業務を行っていました。
そこでは、主に下水プラントの設計業務を担当していて機器手配から仕様書作成、図面チェック、エンドユーザー・工事業者との調整等を行なっていました。
設計段階から設備引渡しまで担当者として現場やエンドユーザーとの調整で苦労しましたが、設備完成の達成感とエンドユーザーの満足感を得られたときには、とてもやりがいを感じました。
現在は設計センターに戻り、主に施工図面の作成を行なっています。
作図する上で「維持管理性」・「人の動線」を考慮するのは当然ですが、それ以外にも「現場での施工しやすさ」や「工事コスト」等も考慮することを心掛けています。
この様な考え方が出来るようになったのも経験を積む事で数多くの現場を見てきたからこそだと思います。 
設計センターでも図面作成以外に仕様書の作成等も行なっています。
下水プラントは、人々の生活になくてはならないのでそれに携われることはとてもやりがいのある仕事かと思います。

  N.Sさん 平成24年9月入社

私は以前、原子力プラントで設計職に従事していました。
しかし、東日本大震災での原発事故で職を失い、新たな就職先を探していたところ弊社と縁があり、入社しました。
水処理の経験がほとんど無い私でしたが、先輩方のご指導もあって今では何とか仕事を任せられています。
私は主に浄水場の計画図や施工図を担当しています。
生活を営む上で欠かせない水を、綺麗にして家庭に届ける役目の一端を担っています。
設計は縁の下の力持ち的な仕事です。
派手さはありませんが、とても大事な役割を持っています。
まだまだ勉強の日々ですが、やりがいのある仕事です。

  K.Mさん 平成27年6月入社

私がアートエンジニアリングと出会ったのは、区の主催する合同面接会でした。その面接会で説明を受け、設計業界未経験の私でも必要な知識とスキルは仕事を通じて培うことが出来ることを知りました。
私は面接の際にとても緊張していましたが、担当の方が二人ともとても明るく、そして話しやすい空気を作ってくれたことで、少しですが会社の中の空気を知ることも出来たことをよく覚えています。
私の所属しているグループでは、主に排水処理設備等の設計業務を行っています。
実際にその設備で働く人が機械類の操作・メンテナンスを行う為のスペースの確保や、動線を考慮した設計を行います。
限られたスペースを上手に活用し、各施設・設備に最適な設計を行うのはとても難しいです。しかし、周りの経験豊富な先輩方にすぐ相談できる環境なので、問題を一人で抱える心配はありません。仲間と問題を共有して解決出来る、素晴らしい環境が整っているからです。
アートエンジニアリングには話しやすい空気を作れる方が多くいるので、質問をしたいけど気後れして質問するかどうかをためらうような場面はまずありません。むしろ、悩んでいると先輩の方から「どうしたの?」と声をかけてくださるほどです。
案件はどれも試行錯誤の繰り返しですが、やり遂げたときに得られる達成感や充実感もひとしおです。私のできる仕事はまだまだ少ないですが、わからないところは丁寧に教えてもらえて、日々着実にスキルアップしていることが実感出来ています。

  H.Kさん 平成28年4月入社

私は石川県から当社に応募して入社し上京してきました。
前職でも図面に関わる仕事をしていましたが、違う分野だった為、今の仕事では初めての事ばかりです。
その為とても不安でしたが、新入社員の教育がしっかりしており、中途入社でも、水処理に関する基礎知識を学ぶ研修の時間を設けてもらえているので、理解しながら仕事に入ることができました。
仕事をしていく中でも分からない事があれば上司や先輩方がその都度親切丁寧に教えてくださいます。
この仕事に就いてから自分の生活において水のことを意識するようになりました。
蛇口から出る水、家庭から出る排水は、処理施設でいくつもの工程を経て安全なものとなり流れています。
私たちの生活にとても大切な設備に関わることができ、やりがいを感じられる仕事です。

社内風景1 社内風景2 社内風景3

打合せ CAD作図作業 ミーティング 
↑それぞれの写真をクリックすると拡大します。